School Introduction : 精華学園高等学校 千葉・京葉・城東地区学習センター

 個別指導学習塾「エルヴェ学院」が母体となって運営されている精華学園高等学校 千葉・京葉・城東地区学習センター。その魅力は居心地の良さ。それは生徒と先生一人ひとりのつながりから生まれてくるものでした。そんな話を生徒と先生に集まって頂き聞かせてもらいました。

左から
精華学園高校理科教諭 斉木かな子
勝田台南学習センター 三原優君
西船橋学習センター長 笹原智彦
西船橋学習センター 山﨑未里さん
エルヴェ学院室長 村本卓也

−ここに通ってみてどうですか?

三原君:勉強してて楽しいですね。先生方もみんな優しいです。話しやすいんです。

村本:みんなそれぞれ違うので、ゆう君ならゆう君のやりたいことや苦手なことなど色々なことを教えてもらい、コミュニケーションを取っていく中でお互いに提案をしていくようにしています。生徒さんの自主性を大切にして、生徒さんのやりたいことをやれるようにしています。

笹原:アットホームな教室が多いですね。本当に楽しくやっているという感じです。嫌だったら続かないですからね。生徒さんの気持ちが途切れないように楽しくやるべきなんですよね。そこでそれぞれの生徒さんにフィットするような形で進めていかないとどうしても途中で折れてしまうということはありますから。その点は気をつけて先生同士でも協力しあって進めているので楽しくやれてるのかな、と思います。

斉木:私も通信制高校に通っていたんですね。もう小学校くらいから不登校になっていたりして・・・。通信制高校で勉強をして付属推薦で大学に入って教員免許を取ったんです。自分自身がそうだったので同じように通信制高校に通っている子に対して伝えられることがあるんじゃないかな、と思っています。

−学校の居心地の良さってなんだと思います?

三原君:最初考えていた塾のイメージと違ってたんですね。「絶対勉強しなきゃいけない!」という雰囲気ではなかったんです。趣味の合う先生もいたり・・・。

笹原:確かにそうですね。「詰め込めば良い」「嫌でも何でもやらせれば良い」そういうのではないんですよね。本当にその子がやりたいと思っていることを伸ばしてあげる、その子の持っている可能性をどう引っ張ってあげるべきか、というところを考えている先生が多いんですよ。そういうところが居心地の良さに繋がってるのかな、とは僕も思っています。

−やっぱり登校するのが楽しくなると勉強するのも楽しくなりました?

山﨑さん:勉強するのが楽しくなりましたね。

笹原:生徒一人ひとりとちゃんと向き合う、っていう今まで塾をやってきて培ったところを通信制高校を始めるにあたって活かしていきたいですね。一人ひとりを大切にしていく、っていうスタンスですね。高校ってどうしても集団授業になるじゃないですか。通信制高校でもスクーリングとなると集団でやることが多いと思うんです。ですが、僕らはスクーリングも個別で行うという他ではあまりないやり方でやっていきます。これからが楽しみですね。

—–

精華学園高等学校
千葉・京葉・城東地区学習センター

西船橋/北千住/新松戸
瑞江/茂原/勝田台南

Tel 0120-055-247